料理写真の自動補正をするWebサービスを試してみた。「超!美味しく変換/モノリス」

Share on Facebook
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket

料理写真を撮っていて、図の取り方や露出は別として、

どれくらいの色温度やWBで表現してあげればいいのか?

美味しそうに見せようと、RAW現像をしていてふと考えました。
料理写真単体だと一般的には少しケルビンは抑えめに温かく撮影すれば美味しそうにみえる。

しかし、広告やWEBサイトなどデザインの内に差し込む写真としては単純にそうではない

そこで、

ネットでいろんなサイトでTipsを調べていたら見つけた。

RAW現像とはスッカリ話は違いますが、
超!美味しく変換/モノリス
超!美味しく変換/モノリス
http://foodpic.net

文字通り、料理写真を美味しそうにしてくれるらしい

登録など不要で、画像をアップロードするとブラウザ上で加工された写真をダウンロードできるようになる

iPhoneで撮影した写真でやってみた

2cef1dfc0820a59d551941eb6bcfc6d0

ん〜微妙

※クリックで拡大します。
モンブランbeforeとafter

WBは整えられたが、コントラストが高すぎる気がする。

デザイナーなどそこまで写真素材にこだわってるヒマが無い人にはいいかもしれませんね。

使い物になるかどうかは賛否あると思いますが、これをWebでやってしまうというところがすごいですね!

フォトグラファーにとってはLightroomのプリセットを作ったほうが好みの料理写真ができると思います。
これについてはまたご紹介したいと思います!

↓参考になりましたか?

follow us in feedly

ライブブックマークはコチラから!

ー 関連アイテム ー

2010年10月に初めての一眼レフを買ってから、もっぱら写真の日々。 四季折々、季節ものを撮りに行ったり、スタジオで撮影したり。 何が好きって、今はカメラで写真を撮ってることが好き。 これが好きって被写体は特にないけど、興味が湧けば納得いくまで突き詰めます! ってそんな自分の撮影の記録。 どんどん上達するぜーーー!

人気記事ランキング

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes