クリップオンストロボはどれがいい?買うメリットってあるの??!

Share on Facebook
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket

ポートレートや物撮りなど表現の幅を広げるストロボ。
ポップアップ式で内蔵しているものもありますが、使い方が分からないうちは敬遠しがちですね。

それは、直射しかできないからだと思います。
発光量の調節やそのほか設定ができる人なら、ポップアップ式だけでも良い物が撮れるかもしれませんね。

これはなかなか難しいことで、
やはり外付けのクリップオンストロボを使う方が簡単です。

いろんな機能が盛り込まれたクリップオンストロボですが、
簡単に見栄えのする写真を撮るにはバウンスを使う方法です。

クリップオン式は上部を回転させることで、照射方向を変えることができます。

クリップオンストロボのバウンス

sony公式ページより


天井や壁にバウンスさせることにより、
「直射ではフラッシュです。」だった写真が、
光を回りこませることでさまざまな表現ができます。

ではどんなものがあるのか?

キヤノン現行機種(キヤノン製品ページ)
・600EX-RT (GN:60(ISO100・m))
・430EX II (GN:43(ISO100・m))
・320EX (GN:24/32(ISO100・m))
・270EX II (GN:22/27(ISO100・m))

ニコン現行機種(ニコン製品ページ)
・SB-910 (GN:34(ISO100・m) /48(ISO 200・m))
・SB-700 (GN:28(ISO 100・m) /39(ISO 200・m))
・SB-300 (GN:18(ISO 100・m))

ソニー現行機種(ソニー製品ページ)
・HVL-F60M
・HVL-F43M

ペンタックス(ペンタックス製品ページ)
・AF540FGZ II (GN:54(ISO100・m))
・AF360FGZ II (GN:36(ISO100・m))
・AF200FG (GN:20(ISO100・m))

ガイドナンバーにバラつきがありますが、各メーカーにより対応している照射角などの違いなどを考慮すると、
以下が同等の性能と考えてもいいかも!

フラグシップモデル
・600EX-RT
・SB-910
・HVL-F60M
・AF540FGZ II

中級機
・430EX II
・SB-700
・HVL-F43M
・AF360FGZ II

これら以下の機種は正直おすすめしません。メリットが薄い・・・
せっかく買うのなら中級機以上がおすすめ!コスパが高いです。
(ex.10x10mの部屋での披露宴などのパーティー →中級機。「ちょっと辛いけど仕事じゃないし」くらいのもの)

お金に余裕のある方は迷わずフラグシップ!
バウンスを考えると中級機でもすぐに物足りなくなりますよw

社外品でガイドナンバー58。フラグシップに引けをとらない、こんなクリップオンストロボもありますよ!

↓参考になりましたか?

follow us in feedly

ライブブックマークはコチラから!

ー 関連アイテム ー

2010年10月に初めての一眼レフを買ってから、もっぱら写真の日々。 四季折々、季節ものを撮りに行ったり、スタジオで撮影したり。 何が好きって、今はカメラで写真を撮ってることが好き。 これが好きって被写体は特にないけど、興味が湧けば納得いくまで突き詰めます! ってそんな自分の撮影の記録。 どんどん上達するぜーーー!

人気記事ランキング

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes