【ライティング基礎】簡単に定常光ライティングがしたい。「ライティングの考え方」

Share on Facebook
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket

写真は光の集合体

一眼レフカメラデジカメで写真を撮るときにそこまで意識することはありませんが、
カシャっと撮って出来上がる写真はその一瞬で捉えられた光がつくっているのです。

暗いと写真は撮れない

まったく撮れないということではありませんが、一般的なデジタルカメラは可視光のみ記録するよう設計されています。
つまり光がない真っ暗な場所では何も写りません。

ライティングとしての太陽光

その真っ暗な環境下で1つの大きな光源が太陽光です。
日中太陽がさんさんと照っている時間は、この太陽光でのライティングを基本として「写真」というものがあります。
電灯の無い時代はこれを利用するしかありませんでしが、今はいろんなツールがあります。
夜でも街灯があり、屋内でも照明があり。天候や時間を関係なく「写真」を楽しめます。

現在のライティングツール

大きく分けて2種類。瞬間光の「ストロボ(フラッシュ)」と定常光と呼ばれる「(いわゆる)照明器具」。

ストロボには

ストロボの種類
・大きなスタジオで使われるジェネレータ式やモノブロック式
・持ち運びに便利なクリップオン式
・カメラに内蔵されているポップアップ式
このようなものがあります。

定常光には

定常光の種類
・街中の街灯
・部屋の照明器具
ライティング用の専用の照明器具
このようなものがあります。

定常光を使ってライティングをする

太陽に左右されることなく部屋でライティングを楽しみたい!
しかしクリップオンストロボなどは扱いが難しい・・・。

クリップオンストロボ

なぜクリップオンストロボは難しいのか?

ストロボは前述の通り瞬間光です。スタジオ用の大型のものにはモデリングライトがありイメージを掴みやすいのですが、クリップオン式は光ってみないとどんな風になっているか分かりにくいです。これはトレーニングで感覚を掴むことはできますがライティング初心者には難しいことなのです。

そこでライティング初心者にオススメなのが「ソフトボックスライト」

ソフトボックスライトは勉強机のスタンドライトの大きなものと考えて貰えればだいたいそんなものです。

まずは1つ大きなものを買いましょう


定常光ライティングはスタンドライトでも可能です。しかし、それは小物撮影に限ります。
被写体が大きくなるとまったく使い物になりません。

人物を被写体とするときは大きな面を持った光源が必要

普段見慣れている太陽光はとてつもなく大きな光源です。あまりにも大きいので人は面で受ける光源と近似的に捉えています。それを人工的に再現するのがライティングの元来からの考え方で、基本はここに忠実な方が良い写真が撮れます。


理想を言えば最低直径120cmくらいの面光源が欲しいですが、そうなると高い機材ばかりなのでコスパの高いところで、

ソフトボックスライトは「幅50cm以上、高さ70cm以上のもの」を選ぶ

これでも使いこなしているともの足りなくなります。
ライティングを初めてみたいなという方であれば、
「幅50cm以上、高さ70cm以上のもの」で「電球が4灯以上」の条件で探して下さい。
スタンドもセットで5000円〜7000円くらいでたくさん出てくると思います。

この1灯とレフ板があれば大抵のライティングができます。
できなければこれ以上たくさんライティング機材を買う必要はありません。しっかり使いこなせるまでテクニックを磨いてください。

ライティング機材はたくさん買わなくて良い!

スタジオ撮影などでたくさん照明機材を使っていいたりしますが、そもそもライティングというものは太陽光の人工的な再現です。メインとなる太陽光役の「ソフトボックスライト」1灯と反射光を作る「レフ板」だけで写真を作っていくのが基本です。
そこまでできて、足らないところに部分的な補正やキャッチライトなどを入れる為に複数の機材を使います。

赤ちゃんや子供撮影には最適な「ソフトボックスライト」

子供写真をキレイにライティングしたいとき、瞬間光のストロボを多用するのは良くありません。
瞬間なのであまり感じないですが、目には強烈な刺激になります。
また大人よりも子供はもっと刺激を受けやすいです。
成長段階のお子様を撮影される場合には定常光のソフトボックスライトをオススメします。

ソフトボックスライトを使って写真を撮る

木漏れ日さて、いざ買ったもののどんな風に撮ればいいのか?
被写体によりさまざまなですが、日常での「光がキレイにあたっているな。」と感じた場面を頭にストックして下さい。
そう感じたとき太陽はどの角度にありますか?太陽がなければ照明がどの角度からあたっていますか?
それが被写体に対してソフトボックスライトをセットする位置なのです。


懐中電灯で顔下から照らしたとき「怖い」ですよね。怖い表現をしたければ下から照明を当ててあげれば良いのです。
これは不自然だから人は「不安定」や「怖い」という印象で捉えてしまいます。
つまり、太陽光が下から当たることはなく自然界における不自然をつくっているのです。


ちょっと興味があってこれから初めてみようと思う方は、是非「1灯」と「レフ板」でチャレンジしてみてください。

↓参考になりましたか?

follow us in feedly

ライブブックマークはコチラから!

ー 関連アイテム ー

2010年10月に初めての一眼レフを買ってから、もっぱら写真の日々。 四季折々、季節ものを撮りに行ったり、スタジオで撮影したり。 何が好きって、今はカメラで写真を撮ってることが好き。 これが好きって被写体は特にないけど、興味が湧けば納得いくまで突き詰めます! ってそんな自分の撮影の記録。 どんどん上達するぜーーー!

人気記事ランキング

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes