【ニコン初心者必見】キットレンズよりもっとボケの大きいレンズ欲しい!(コスパ重視編)

Share on Facebook
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket

今使っているズームレンズより明るいレンズが欲しいなと思って
明るいズームレンズをさがしてみた。

一眼レフを初めて、F値というものを理解し始めるとボケの大きい明るいレンズが欲しくなります。

初めたころは本体とレンズ2本

・エントリー一眼レフ
・(キットレンズ)標準ズーム(18-55mmなど)
・(キットレンズ)望遠ズーム(55-200mmなど)
を持っているかと思います。

18-55mmでF値が3.5〜5.6。これよりボケの大きい綺麗な写真が撮りたい!

純正の明るいズームレンズは高い

ニコン純正


一方、サードパーティー製なら

サードパーティー製のニコン用


16万円の高画質レンズかとりあえずの3万円レンズか?

純正品は画質やオートフォーカスの面からも価格なりの優位な点があると思いますが、何せ高いです。
5倍の価格差を埋めるための価値を見いだせますか?

「AF-S DX Zoom Nikkor 17-55mm f/2.8G IF-ED」を選ぶ理由

高い純正を選ぶ理由としては、圧倒的な画質です。安いレンズは開放F値(f2.8)で撮影すると描写が甘くピントがあっていないように見える場合があります。また画像周辺部の解像度が顕著に悪く、これを軽減させるために絞って撮影することになり、画質にこだわる場合には結局「f2.8」という明るさを活かして撮影できないです。
もうひとつ!オートフォーカスの性能です。合焦スピードとその精度は申し分ありません。
運動会や結婚式など思い出の一瞬を取り逃がさないためには重要なポイントです。

サードパーティー製ズームレンズを選ぶ理由

「画質はキットレンズ程度で満足できている。」
「オートフォーカスにはこだわらない。」
「そんなに高いレンズはいらない。」
「軽い方が良い」
これにつきます。

f2.8じゃあ物足りない!もっと明るいレンズが欲しい!!

ズームレンズでの開放f値が最も明るいのが「f2.8」というのがスタンダードでしたが、
今は、サードパーティー製ですごいレンズが発売されています。

純正では発売されていない「f1.8」のズームレンズ「シグマ Art 18-35mm F1.8 DC HSM」


ズームレンジが18-35mmと35mm換算で約27-52mmと短いレンズですが、「f1.8」と圧倒的な明るさを持ったレンズです。
f2.8とくらべて1と1/3段分明るい。
f2.8でiso3200で撮影していたのがf1.8になると「iso1250」で撮影できます。
ノイズだらけだった暗いシーンもこれだけ明るいレンズであれば、平気で使えてしまうことはかなりのメリットです。

安く明るいレンズが欲しい

「シグマ Art 18-35mm F1.8 DC HSM」は明るいレンズでズームもできるが、ちょっと高い。
でもf1.8くらいの明るいレンズが欲しい!

コスパの高い単焦点レンズ

前述のサードパーティー製のf2.8ズームでは物足りないし、安く抑えたいという方は単焦点レンズしか選択肢がなくなります。単焦点レンズはズームができませんが画質に優れていたりメリットもあります。


・設計は古いがフルサイズも対応の50mmレンズ

・2011年発売の超音波モーター採用50mmレンズ。フルサイズも対応

・超音波モーター採用の35mmレンズ。DXフォーマット専用

・設計は古いが「f1.4」と明るい50mmレンズ。フルサイズ対応

ニコンAPS-Cエントリー機種を使っているならオススメはこれ

コスパ重視で考えるとこちらの2つがおすすめです。

↓参考になりましたか?

follow us in feedly

ライブブックマークはコチラから!

ー 関連アイテム ー

2010年10月に初めての一眼レフを買ってから、もっぱら写真の日々。 四季折々、季節ものを撮りに行ったり、スタジオで撮影したり。 何が好きって、今はカメラで写真を撮ってることが好き。 これが好きって被写体は特にないけど、興味が湧けば納得いくまで突き詰めます! ってそんな自分の撮影の記録。 どんどん上達するぜーーー!

人気記事ランキング

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes