ニコンラッシュがすごい!またFXフォーマットの新機種D750が発表!でも何が良いのさ?!

Share on Facebook
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket

ニコン一眼レフカメラ「D750」
ニコンがPhotokina2014で発表しました!

小型軽量のフルサイズデジ一眼『D750』を9月25日より発売開始。
・直販価格はボディーのみ 22万9500円。
・24-85mmのレンズキット 28万3500円。
・24-120mmのレンズキット 30万7800円。

ニコン歴代FX機の発表日

2008年 D700
2012年3月 D4
2012年3月 D800

2012年9月 D600

2013年10月 D610
2014年3月 D4S
2014年7月 D810

それぞれ位置づけの違うラインナップだが、新発売のペースが速いです!

【参考】キヤノンフルサイズ機の発売日

2012年3月 5D MarkIII (5D MarkIIから3年4ヶ月)
2012年6月 1DX (1D MarkIVから2年6ヶ月)
2012年11月 6D (新しいライン)

D4SはD4発売から2年。
D810はD800発売から2年4ヶ月。
D610はD600発売から1年1ヶ月。


そして今回!D810発売から2ヶ月。D610発売から11ヶ月。
ちょうど間にあたるクラスの「D750」が発表されました。

大きさ重さはD610と同じくらいで小型で軽いです。

D750は何が良いのか?

新しいラインの機種なので比べにくいですが、新機種なりの特長はあるのか?


画像はニコン製品ページより

D750の特長 その1「連写」

D750の特長 その1「連写」
約6.5コマ/秒の連写が可能です。
D810は5コマ、D610は6.0コマで、D750が一番多く撮影できます。(多少ですがw)

D750の特長 その2「AFポイント」

D750の特長 その2「AFポイント」
51点のフォーカスポイント。
D810は51点。D610は39点

D750の特長 その3「f8対応AF」

D750の特長 その3「f8対応AF」
11点のフォーカスポイントがf8対応。(中央1点はクロスセンサー、他10点はラインセンサー)
D810と同じ。D610は7点(中央のみクロス)。

D750の特長 その4「暗いシーンのAF」

D750の特長 その4「暗いシーンのAF」
検出範囲が「-3〜+19EV」。と暗いシーンでのAF検出がD810に比べて1段分強いです。
D810は「-2〜+19EV」。D610は「-1~+19EV」

D750の特長 その5「測光方式」

D750の特長 その5「測光方式」
91KピクセルRGBセンサーによるTTL開放測光方式。(ハイライト重点測光に対応)
このセンサーのおかけでオートホワイトバランスの精度も向上しています。
D810と同じ。D610は「2016分割RGBセンサーによるTTL開放測光方式」。

D750の特長 その6「撮影可能枚数」

D750の特長 その6「撮影可能枚数」
1230コマ。D610と同じボディサイズでD810より燃費の良い設計です。
D810は1200コマ。D610は900コマ。

D750の特長 その7「画像処理エンジン」

D750の特長 その7「画像処理エンジン」
EXPEED 4採用。
D810と同じ。D610はEXPEED 3。

D750の特長 その8「液晶モニター」

D750の特長 その8「液晶モニター」
ニコンFX機初の可動式液晶モニター。上向き90度、下向き75度。
3.2型、122.9万ドット。
D810と同じ液晶(固定式)。D610は3.2型、92万ドット(固定式)。

D750の特長 その9「モニターキャリブレーション」

D750の特長 その9「モニターキャリブレーション」
カラーカスタマイズが可能なRGBW配列液晶モニター。PCやプリントとキャリブレーションが可能です。
D810と同じ。D610は搭載なし。

D750の特長 その10「WiFi内蔵」

D750の特長 その10「WiFi内蔵」
WiFiに対応。スマートフォン対応アプリによりカメラを制御できます。
D810、D610はオプションパーツで対応。

D750の特長 その11「スペシャルエフェクトモード」

D750の特長 その11「スペシャルエフェクトモード」
モードダイヤルにスペシャルエフェクトモードが増設。
「ナイトビジョン、カラースケッチ、ミニチュア効果、セレクトカラー、シルエット、ハイキー、ローキー」

結局、D750は買いか?それともD810?D610??

以上の項目が特に気になった特長でした。


シンプルにまとめると

D610の小型軽量さとD810の中身を融合させたもの!

じゃあD810はいらないじゃないかとなりますが、画素数の違いやセンサーの性能などまだ明らかになっていないところがあるので一概には言えません。
しかし、D610と比べるとD750は買いだと思います。
すぐに17万円くらいまで値下がりすることでしょう。価格がこなれてくればD610ではなく「D750」が幸せだと思います。

↓参考になりましたか?

follow us in feedly

ライブブックマークはコチラから!

ー 関連アイテム ー

2010年10月に初めての一眼レフを買ってから、もっぱら写真の日々。 四季折々、季節ものを撮りに行ったり、スタジオで撮影したり。 何が好きって、今はカメラで写真を撮ってることが好き。 これが好きって被写体は特にないけど、興味が湧けば納得いくまで突き詰めます! ってそんな自分の撮影の記録。 どんどん上達するぜーーー!

人気記事ランキング

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes