【キヤノン】7Dからの買い替えは7DMarkIIか6Dか?どっちが買なのか!?

Share on Facebook
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket

EOS 7D MarkII

キヤノン EOS 7D MarkII
2014年11月上旬より販売開始。2009年10月発売のEOS7Dから5年経ってのリニューアルです。

価格

・ボディ単体 >>> 20万8000円(税別)
・EF-S18-135 IS STM レンズキット >>> 24万8000円(税別)
・EF24-70L IS USM レンズキット >>> 33万8000円(税別)

EOS7Dの時は初期不良などがあり1年で10万円くらいまで一気に値下がりした経緯があるので飛びついて買うのは待った方が良さそうです。(たしかカメラのキタムラなどで店頭表示が12万円くらい)

尚、予約購入で「バッテリーグリップBG-E16」先着でもらえるキャンペーンが行われています。

EOS 7D Mark IIを購入された方先着10,000名様にバッテリーグリップ BG-E16をプレゼント
EOS 7D Mark IIを購入された方先着10,000名様にバッテリーグリップ BG-E16をプレゼント!
http://cweb.canon.jp/eos/special/7dmk2/campaign/index.html


購入しても18000円くらいのもの

互換製品なら4000円くらいでもある

すぐ値下がりするであろうということと、4000円くらいしかお得でないこと。
また、必要な人が限られていることを考えると
このキャンペーンに魅力を感じる人は少ない!?

7D MarkIIのおもな特長

画像は公式サイトより
EOS 7D MarkII - 最高約10コマ/秒の高速連写の実現

連写が10コマ/秒

フラッグシップモデルのEOS1DXに継ぐキヤノンで2番目のコマ速です。
フルサイズとAPS-Cで明確な比較はできませんが、単純に1秒間に何枚撮影できるかでは5DMarkIIIを抜いてキヤノンでは2番目となります。


EOS 7D MarkII  - 65点オールクロスAF

65点クロスオートフォーカス

前のモデルでも十分なAFポイント数でしたが、さらにAFポイントが増え65点となりました。
APS-Cのメリットでもある、画像の広い範囲でAFポイントが展開しています。


EOS 7D MarkII  - 高速画像処理エンジン デュアルDiGiC6

画像処理エンジン

画像処理エンジンはデュアルDiGiC6となり、処理性能が上がりました。
このことにより高感度使用時のノイズレスな仕上がりや、高画素による高速連写ができます。


7DMarkIIと7Dと6Dの比較

 7DMarkII6D7D
画像処理エンジンDual DiGiC 6DIGIC 5+Dual DiGiC 4
センサーサイズAPS-C35mmフルサイズAPS-C
画素数2020万画素2020万画素1800万画素
ファインダー視野率100%/1倍/スクリーン交換可視野率97%/0.71倍/スクリーン交換可視野率100%/1倍/スクリーン固定
ポップアップストロボ×
液晶モニター3型 104万ドット3型 104万ドット3型 92万ドット
AFポイント65点(全点クロス)11点19点(全点クロス)
AF低輝度限界EV -3EV -3EV -0.5
AiサーボAiサーボIIIAiサーボII
AE252分割63分割63分割
ライブビューAFデュアルピクセル CMOS AF方式/コントラスト検出方式/位相差検出方式コントラスト検出方式/位相差検出方式コントラスト検出方式/位相差検出方式
iso感度100〜16000(拡張51200)100〜25600(拡張50〜102400)100〜6400(拡張51200)
連写10コマ/秒4.5コマ/秒8コマ/秒
シャッター速度30秒〜1/8000秒(同調は1/250まで)30秒〜1/4000秒(同調は1/160まで)30秒〜1/8000秒(同調は1/250まで)
レリーズタイムラグ0.055秒0.059秒
サイズ(mm)148.6 x 112.4 x 78.2144.5 x 110.5 x 71.2148.2 x 110.7 x 73.5
重さ(CIPA)910g755g910g
WiFi××
撮影可能枚数(ファインダー常温)670枚1080枚1000枚
記録メディアSD/CF デュアルスロットSD シングルスロットCF シングルスロット

EOS 7D MarkIIはどう?

5年も経って7Dからの進化はこの程度なの?と不思議です。
よほどのことが無い限り現7Dユーザなら買い直す必要はないのでは?
AF性能は7Dでも十分優秀なカメラです。ここは腕の問題になってくるので上達すればまかなえる範囲です。
ただ高感度性能や画質の面はどうしてもカメラ本体に依存するので、そこの進化が乏しく感じます。
DxO Markによるセンサーベンチマークが出れば、画質の面での進化も分かると思います。

DxO Mark発表の「Low-Light ISO」

EOS 7D >>> iso 854
EOS 70D >>> iso 926
EOS 6D >>> iso 2340
最近発売されたAPS-C機のEOS70Dが、ノイズレスに撮影できるiso感度の限界はiso926となっています。
EOS 7D MarkIIでこの値が「iso 2000」くらいなら買いでしょう!
まだデータの公開がされていませんが、是非チェックしてみてください。
http://www.dxomark.com/

高感度性能がそこまで良くなかった場合は、以下の理由でどちらを選ぶかを決めたらいかがでしょうか?

7D MarkIIを選ぶ理由

・動きものを撮る
・望遠が好き
・多少のノイズは我慢できる
・ライブビューでも俊敏にオートフォーカスして欲しい
・連写大好き
・ファインダーは100%じゃないと!

6Dを選ぶ理由

・1枚1枚をキレイに撮影したい
・ボケの美しい写真が好き
・できるだけノイズレスに撮影したい
・コンパクトで軽い方が良い

↓参考になりましたか?

follow us in feedly

ライブブックマークはコチラから!

ー 関連アイテム ー

2010年10月に初めての一眼レフを買ってから、もっぱら写真の日々。 四季折々、季節ものを撮りに行ったり、スタジオで撮影したり。 何が好きって、今はカメラで写真を撮ってることが好き。 これが好きって被写体は特にないけど、興味が湧けば納得いくまで突き詰めます! ってそんな自分の撮影の記録。 どんどん上達するぜーーー!

人気記事ランキング

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes