α7IIが出たから、今!サブ機に12万で買えるα7を考える

Share on Facebook
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket

SONYが35mmフルサイズセンサーを搭載したミラーレスカメラ「α7II」を発表しました。(発売は12月)
このα7シリーズはコンパクトで高画質と大変人気で、これまで「α7」「α7R」「α7S」と発売してきました。

α7の特長

2470万画素センサー搭載で、iso感度が最高iso51200

α7Rの特長

3840万画素センサー搭載で、iso感度が最高iso51200、ローパスフィルターレス

α7Sの特長

1220万画素センサー搭載で、iso感度が最高iso409600、4Kビデオ

どれも干渉することなく特長のある機種です。

α7IIの特長

2430万画素センサー搭載で、iso感度が最高iso51200
他のα7シリーズとの大きな違いは

初搭載の「ボディ内手ぶれ補正」

世界初フルサイズセンサー対応の光学式5軸手ブレ補正機能をボディに内蔵
最大4.5段分の手ブレ補正効果があるそうです。

他にも魅力的なスペックアップ

・液晶モニター:3インチ122.88万ドット
・AFレスポンス:α7比で30%高速化
・AF動体追従性:α7比で1.5倍アップ
・動画:XAVC Sに対応
・グリップまわりのホールド性アップ
・起動時間:α7比で40%短縮

さてここまで性能アップしたα7IIはいくらで販売されるのか?

現在の実勢価格は18万円くらい。ソニーは魅力的な価格で、またこの時期に出してくるんですねw

他のα7シリーズ3機種の実勢価格

メイン機に一眼レフを持っているがサブ機にα7シリーズを考える

12万、20万、20万、18万

α7Rとα7Sは高止まりですね。それだけ魅力的な機種ではありますが、カジュアルに持つサブ機はできるだけ安く持ちたい!

12万で買える型落ちの「α7」18万で買える最新機種の「α7II」、
6万円の差をどうとらえるか?
「基本スペックの微小な性能アップと手ぶれ補正が搭載されたこと。」

手ぶれ補正の搭載有無にかかわらず基本的に良い機種なので、
今ここで「α7」は買いなのでは?!

SONY「α7」と「α7II」を今一度比較してみた

 
α7

α7II
  
有効画素数2430万画素2430万画素
iso感度iso50〜51200iso50〜51200
連写5コマ/秒5コマ/秒
シャッタースピード1/8000〜30秒1/8000〜30秒
液晶モニター3インチ
92.16万ドット
3インチ
122.88万ドット
ファインダー電子ビューファインダー
XGA OLED Tru-Finder
視野率(100/100)
倍率 0.71倍
電子ビューファインダー
XGA OLED Tru-Finder
視野率(100/100)
倍率 0.71倍
撮影可能枚数340枚350枚
手ぶれ補正×
動画ファイル形式AVCHD規格 Ver.2.0準拠、MP4XAVC S/AVCHD規格 Ver.2.0準拠、MP4
サイズ126.9x94.4x48.2 mm126.9x95.7x59.7 mm
重さ416 g556 g

実機を触って検討したいですね

α7 II | Eマウント | デジタル一眼カメラ α(アルファ) | ソニー

SONY フルサイズミラーレスカメラ 「α7II」

http://www.sony.jp/ichigan/products/ILCE-7M2/
さまざまなレンズで手ブレを補正する、世界初フルサイズ対応5軸ボディ内手ブレ補正搭載の35mmフルサイズミラーレス一眼カメラ


↓参考になりましたか?

follow us in feedly

ライブブックマークはコチラから!

ー 関連アイテム ー

2010年10月に初めての一眼レフを買ってから、もっぱら写真の日々。 四季折々、季節ものを撮りに行ったり、スタジオで撮影したり。 何が好きって、今はカメラで写真を撮ってることが好き。 これが好きって被写体は特にないけど、興味が湧けば納得いくまで突き詰めます! ってそんな自分の撮影の記録。 どんどん上達するぜーーー!

人気記事ランキング

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes