(1年がっつり使用レビュー)YN560は純正の1/7で買えるがすぐ壊れる?!

Share on Facebook
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket

YONGNUOのクリップオンストロボYN560シリーズはコスパ重視で購入された方も多いでしょう。
Amazonのランキング上位にも入っているので気になっている方も多いのでは?
実際たくさん使用してみた感想や故障の事例などまとめました。

8千円で買えるクリップオンストロボ


YN560は各メーカーフラッグシップ機と光量は同レベルで、マニュアル操作ではあるがストロボワークの練習にはもってこいのクリップオンストロボです。

※同じメーカーでオート機能の搭載された製品もあります。

製造は「yongnuo」という中国メーカーです。
読みは「ヨンヌオ」だそうです。

がっつり使用レビュー!

ここ1年で、YN560IIIを〇〇台、YN560IVを〇〇台とたくさん買いました。
何台買ったかは伏せておきますが、2台潰しました。
生き残りの中にもフル発光病をもつ子や、動作が不安定な子がw
正常なものは数台。パーセンテージにすると・・・。

安物買いの・・・とはよく言いますが、
YN560はヘタするとそうなります。

ツインクル400Wや純正クリップオンストロボをスタジオやロケでメインとしていますが、yongnuoのYN560も何台も並べてスレーブで使用したりしています。

YN560を主役にしてあげよう!

モノブロックのツインクルは高速連写もでき優秀な製品です。

TWINKLE 04 FS の連写動画


純正クリップオンはイベント事では大活躍です。

YN560はいつもスタジオでサブ扱い・・・。
テンポの速い撮影には付いてけない。※純正も
チャージャーをかましてもオーバーヒートしそうで怖いので控えてます。


↑これをクリップオンストロボに付けるとチャージスピードが上がります。さらにバッテリ容量もあるので長時間電池交換いらず。

しかし価格を考えるとすごいことに気づく
TWINKLE 04 FS」13万円
「純正クリップオンストロボ」5万円
YN560」8千円!

YN560はかなり良い仕事をしている!値段も安い!

YN560だけでスタジオ撮影をやってみた。

1時間に300枚くらいのペースの撮影を2時間。(途中チャージが遅くなってきたので電池交換)
ひと休みして同じペースで撮影開始!
30分でチャージが遅くなってきた。
電池交換。

・・・

起動しない。

違う電池を入れる・・・でも電源が入らない。

潰れました。

この時使用したのがYN560IV新品で購入したてもの。Y560シリーズの最新機種です。
当日開封して半日というか800枚くらいしか撮影してない。

この時潰れた経緯をまとめると

・新品から使用開始。
・1/4で発光させていました。
・2時間かけて600枚。電源を落として休憩。
・休憩の後、30分。200枚くらい撮影。
・計800枚くらい撮影。
・その後、何日かあけて起動を試みるも反応なし。

YN560が潰れた経緯その2「フル発光病」

また別の事例です。
YN560IVが潰れて以降。最新機種特有の不具合かと思い、併売されている1つ前の機種YN560IIIを買い増していました。

YN560IVを潰したのは負荷をかけすぎたからだと思い、後日ペースを落として撮影を試みました。

・使用は3回目の本体。発光回数1400回くらい。
・1/4発光と1/8発光を1:2くらいの割合で使用。
・1時間に250枚くらいのペースで撮影。
・休憩をはさみ10分で調光が突然制御できなくなる。
・フル発光を6-7回繰り返し起動しなくなる。
・後日確認するも完全に動かない。

・YN560IV発売後に購入のYN560III
・以前から使用しているYN560IIIは問題なく稼働している。

2台潰した感じたこと

・2-5秒に1回発光(1/4〜1/8)のペースの撮影を15分。休憩を5分・・・この繰り返しは潰れます。
・その後、何度かトライしてますが、「15分撮影(2-3秒に1回発光(1/4〜1/8))>15分休憩」の繰り返しは耐えれてます。
・撮影をとめたくない場合は複数台の本体を回して撮影します。
・複数台運用は電池がたくさん入ります。そして充電器も。
・フル発光病(突如調光が乱れる)が発生したら、すぐに使用をやめ当日は使用しません。すると後日また普通に使用できます。

「悪いところ」

・海外直送で買うと箱にメモ書きのように落書きがあったりする。
・海外直送で買うと思ったより到着が遅い場合がある。
・海外直送で買うと箱がぐしゃぐしゃの場合がある。
・調光が乱れる機種がたまにある。(オーバーヒートの原因)
・チャージが早過ぎる。(オーバーヒートの原因)

「良いところ」

・安い
・光量が純正と遜色ない
・色味問題なし
・ケースも脚も付いている。
・ワイヤレス内蔵 (※YN560II以前は非搭載)
・チャンネルやグループ設定ができる
・チャージ音が鳴る(ONとOFF切り替え可能)

「留意点」

・海外直送は利用しない
・最初は普通に動いてもすぐにおかしくなってくる場合あり。
・個体差が大きい

総じて答えは「アリ」です。

5万もする純正品でもガシガシ使うと潰れます。
使い方がわからないまま「ETTLで+3」や「フル発光」を連発するとほんとすぐ壊れますよ。

純正品は負荷から本体を保護するようにできているとは思いますが、
「1分間に何枚も撮るような撮影ならこの設定。」
「しっかり腰を据えてまったり撮るならフル発光。」
自分の中で設定を明確にし無駄撃ちがなくても使いこなせるなら純正を買いましょう。

YN560は純正を買う前に練習をするならまず1台買っても損はないと思います。
6〜7台潰して純正と同じ金額です。そのころにはストロボワークもかなり上達しているかと思うので純正にステップアップして良いでしょう。

「ポートレートにストロボを使用したい。」
「商品撮影にストロボを使用したい。」
「ストックフォトにストロボを使用したい。」

いろんな物欲があるかと思いますが、

お金のある方はこちら

コスパ重視の方はこちら

↓参考になりましたか?

follow us in feedly

ライブブックマークはコチラから!

ー 関連アイテム ー

2010年10月に初めての一眼レフを買ってから、もっぱら写真の日々。 四季折々、季節ものを撮りに行ったり、スタジオで撮影したり。 何が好きって、今はカメラで写真を撮ってることが好き。 これが好きって被写体は特にないけど、興味が湧けば納得いくまで突き詰めます! ってそんな自分の撮影の記録。 どんどん上達するぜーーー!

Sorry. No data so far.

人気記事ランキング

Sorry. No data so far.

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes