定常光ライティングには欠かせないYONGNUOのLEDライトYN900(ストロボYN560と比較検証付き)

Share on Facebook
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket

互換ストロボで人気のYONGNUO

Yongnuo製 Speedlight YN560 III Canon/Nikon/Pentax/Olympus対応 フラッシュ・ストロボ YN560 II後継モデル 高出力スピードライト

YONGNUO製品ではYN560シリーズが人気です。各メーカー純正品の最上位モデルと光量が遜色ないマニュアルクリップオンストロボ。
最新機種はYN560IVです。マニュアル仕様なのでカメラのメーカーに合わせる必要もなく、1台あればeos70DでもD7200でも使えちゃうといった感じです。

関連記事「え?各メーカ互換ストロボが安い!フラグシップクラス同等のYN560III(7千円也)。」
>>> http://dslrs-journal.info/?p=1165

ユーチューバーはみんな持ってるYONGNUOの撮影用LED照明シリーズ

プロ用のLEDライトに比べYONGNUOは安い!これにつきます。
YN160YN300YN600YN900と光量別に4種類あります。(色温度可変式シリーズもあり)

型番の後ろの数字はLEDの球の数でもあります。

ファンも静かなプロ用モデルはこんな価格です

サンテック – LG-900S

YONGNUOラインナップのスペック比較

※Amazonの商品概要より作成しています。

 YONGNUO製 160球 LED ビデオライト YN160(並行輸入品)
YN160
Koolertron YONGNUO製 YN-300 300球 LED ビデオライト with 輝度リモコン for SLR Camera IR Remote
YN300
Yongnuo 600 LEDビデオライト 600球のLEDを搭載 カメラ&ビデオカメラ用 AC電源アダプター付き
YN600
Lankdeals Yongnuo YN-900 LEDビデオライト900球のLEDを搭載 カメラ&ビデオカメラ用メラ用 (YN900, 3200K/5500K)
YN900
色温度5500K5500K5500K (演色性:>90%)5500K (演色性:≧95%)
光束 2280lm4680lm7200lm
LUX1m 1480lux、2m 450 lux、3m 178 lux、4m 101 lux
照射角度55度55度55度55度
電源Sony NP-F系バッテリ×1、または、AC電源Sony NP-F系バッテリ×1、または、AC電源 Sony NP-F系バッテリ×2、または、AC電源 Sony NP-F系バッテリ×2、または、AC電源
出力3-9W18W (最大)36W (最大)54W (最大)
サイズ160 x 116 x 60 mm173 x 153 x 43 mm260 x 188 x 40 mm260 × 188 × 48 mm
重さ400g625g790 g1480g

YN900の概要

Yongnuo 900 LEDビデオライト 900球のLEDを搭載 (色温度5500K単色)
・900球のLEDライト。
・ワイヤレスかつマルチチャンネル対応のリモコン付属
・iPhoneなどスマートフォンからBluetoothで光量調節などが可能(専用アプリ)
・ディフューザーパネルが付属
・ファンがあるので音撮りをする動画撮影には対策が必要
・出力を落とす(調光で下げる)とフリッカーがでる。

YN900のセット内容

今回購入したものはこちら


ACアダプターセットの商品です。
(※ 本体のみの取扱もあるので購入の際は注意して下さい。)

パッケージ

白い箱にACアダプターが入っていました。
YONGNUO YN900 パッケージ
YN900のパッケージそのほか
YONGNUO YN900 パッケージYONGNUO YN900 パッケージYONGNUO YN900 パッケージYONGNUO YN900 パッケージYONGNUO YN900 パッケージ

開封

YONGNUO YN900 開封

マニュアルは英語と中国語です

YONGNUO YN900 取扱い説明書(中国語)YONGNUO YN900 取扱い説明書(英語)

付属品のグリップを取り付けると

YONGNUO YN900 グリップ取り付け

リモコン

YONGNUO YN900 リモコン表側YONGNUO YN900 リモコン裏側

機能説明(ボタンなど)

本体下側には三脚穴

YONGNUO YN900 三脚穴YONGNUO YN900 三脚穴

裏面左下にACを挿すところがあります

YONGNUO YN900 AC-in

裏面右側には操作ボタン

YONGNUO YN900 操作ボタン

バッテリを搭載するにはここに差し込みます

YONGNUO YN900 バッテリ接続端子

撮影データからみるYN900の性能

定常光のみでこの明るさのシーンで行いました。

YONGNUO YN900 未使用で定常光のみで撮影
感度 iso 1000
絞り f 4.0
露出時間 1/125
焦点距離 57mm

設定参考としては人物撮りを想定し「iso〜、f4.0、1/125」でどれくらいの露出がとれるか試しました。
また周辺部の減光はレンズによるものです。(SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM

配置図

YN900配置図

YN900の出力99(最大)

YONGNUO YN900 出力99(最大)

YN900の出力50

YONGNUO YN900 出力50

YN900の出力10

YONGNUO YN900 出力10

同じ環境においてクリップオンストロボ「YONGNUO YN560 III」で撮影

YN560の出力1/1(最大)

YONGNUO YN560III 1/1フル発光

YN560の出力1/32

YONGNUO YN560III 出力1/32

YN560の出力1/64

YONGNUO YN560III 出力1/64

YN900の最大出力はYN560IIIの「1/64+1/3段」に相当する!

YN900出力99のヒストグラム
ヒストグラム_YN900最大出力

YN560III出力1/64のヒストグラム
ヒストグラム_YN560(64分の1出力)

この両者を比べるとYN560の1/64は少し暗いです。
光の成分の違いもありますが同等レベルにするには1/3段分ほどの露出差でした。

定常光のYN900が1台ではかなり高感度を必要とします。

写真撮影の場合に明るさを求めるなら段違いにクリップオンストロボ「YN560」が良い。
LEDライトYN900で「iso 1000、f 4.0、1/125」ではカメラの機種によりノイズや解像度に難があります。
せめてもう1台必要かなという光量なのでYN560を使用した方がコストパフォーマンスは高いです。
先ほどのヒストグラムからも光の質が良いことが分かります。品質の面でも写真撮影はストロボYN560を使用した方がベターです。


しかしながらストロボをコントロールするには少し勉強と経験が必要です。
手軽にライティング撮影を楽しみたいならYN900をおすすめします。

クリップオンストロボYN560がおすすめの人

・パワーのある明るさが欲しい
・スチル
・ロケなど機材をコンパクトにしたい

※YN560シリーズはマニュアルストロボです。イベント撮影など露出がめまぐるしく変わる撮影には各メーカー純正品をおすすめします。600EX-RTSB-910

LEDライトYN900がおすすめの人

・手軽にライティングがしたい
・ムービー
・スタジオなどあまり持ち運ばない

※YONGNUOのLEDライトを買う場合は、単色モデルと2色可変モデルがあるので注意して下さい。
可変モデルはおすすめしません!可変モデルで白色の光だけを使う場合は最大出力の半分しか使えません。色温度の変更はディフューザーパネルで可能です。

本格派はこちら!

ファンも気にならず動画撮影などで雰囲気をこわさず撮影に集中できます。
最大出力で撮影をすれば「iso500、f4.0、60fps」の設定が可能です。

↓参考になりましたか?

follow us in feedly

ライブブックマークはコチラから!

ー 関連アイテム ー

2010年10月に初めての一眼レフを買ってから、もっぱら写真の日々。 四季折々、季節ものを撮りに行ったり、スタジオで撮影したり。 何が好きって、今はカメラで写真を撮ってることが好き。 これが好きって被写体は特にないけど、興味が湧けば納得いくまで突き詰めます! ってそんな自分の撮影の記録。 どんどん上達するぜーーー!

Sorry. No data so far.

人気記事ランキング

Sorry. No data so far.

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes