現行フルサイズ機の高感度性能を比較する!2013冬ver.

Share on Facebook
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket

35mmフルサイズ一眼レフからミラーレス、RX1のような高級コンパクトまでイメージセンサーだけを取り上げた比較です。

2013年11月13日作成。

 1DX5D36DD4D800ED800D610α99α7RRX1
Overall Score82818289969594899593
Color Depth23.82423.824.725.625.325.12525.625.1
Dynamic Range11.811.712.113.114.314.414.41414.114.3
Low-Light ISO2786229323402965297928532925155527462534

DATAはDxOMarkより

注目すべきは”Low-Light ISO”

表の一番下「Low-Light ISO」の値が高感度性能の見る上で参考になります。

ex.EOS-6Dならiso2000まではノイズレスに撮影できる。

「iso2340」とあるので、一番近い設定値で考えると

〜iso2000 ← ノイズレス
iso2340 許容値
iso2500〜 ← ノイズが気になり始める。

とDxOMarkのセンサー判断でこの値なので、各社のソフト処理の違いで最終の感じ方は個人差があると思います。

実際はEOS-6Dはiso6400までノイズレス

これは私自身の感想です。Lightroomなどソフト側できっちり処理をしてあげればiso6400くらいまではほんとに6Dは綺麗に写ります。
被写体やシーンによってはiso6400までは使えると思います。

一見ニコンが優秀に見えるが・・・

イメージセンサーだけで見ると、ニコンの方が良さそうな値を出しています。
しかしデジタル写真はこれだけでは一概にどちらが綺麗かはわかりません。
カメラからの撮って出しのデータを比べるとD4より1DXの方が段違いに高感度耐性が高かったりします。
これはキヤノンのソフト処理の強さの現れでしょう。
イメージセンサーは一世代古いが、ソフト処理で綺麗に出す。
※あくまでも個人的な見解です。

キヤノンvsニコン

ニコンは自社センサーとそうでない製品とがあり、
機種ごとに癖も違うので、もしDxOMarkの値を参考にするなら、一概にメーカーvsメーカーで比べることはできません。
機種vs機種で比較するのが良いと思います。

手持ちの機材と対象機種を比べる

買い替えなど検討されているなら、自分の手持ちの機種のDxOMarkのスコアと、欲しい機種のスコアを比べてみると参考になります。

・iso3200は平気で使える機種が欲しいなぁ〜
 →Low-Light ISO の値を参考にしてください。
・露出ミスをしたときにアンダー、オーバーに彩度が残っていない
 →Color Depth の値を参考にしてください。(これが高いとアンダーの写真を無理やり持ち上げたとき、色が残っています。)


センサーベンチマークの検索はこちら

dxomark.com

DxO Mark

http://www.dxomark.com
カメラやレンズの本質的なスペックを見ることができます。

↓参考になりましたか?

follow us in feedly

ライブブックマークはコチラから!

ー 関連アイテム ー

2010年10月に初めての一眼レフを買ってから、もっぱら写真の日々。 四季折々、季節ものを撮りに行ったり、スタジオで撮影したり。 何が好きって、今はカメラで写真を撮ってることが好き。 これが好きって被写体は特にないけど、興味が湧けば納得いくまで突き詰めます! ってそんな自分の撮影の記録。 どんどん上達するぜーーー!

人気記事ランキング

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes