デジイチ初心者が買うべき3000円までのツールたち

Share on Facebook
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket

とりあえず一眼レフだけと買って、あとは何が必要なのだろうか?あるとかならず活躍する!3000円で買えるアイテムを紹介します。

カメラバッグ

とりあえず手持ちのカバンで持ち歩いている方も多いでしょう。
衝撃は厳禁な一眼レフカメラには専用バックがおすすめです。


インナーケース

カメラバックは保護性能は良いがダサい!
しかも種類も限られているので安くオシャレに落ち歩くにはインナーケースがおすすめ!
お気に入りのカバンでカメラを持ち歩くことができますね。


カード

写真を記録するカードはSDやCFと機種ごとに違いがありますが、
容量32GBくらいスピードクラス6以上あれば安心です。


クリーニングクロス

レンズを拭いたりするとき何で拭いていますか?
ティッシュや衣服で拭くのは厳禁です。専用クロスやメガネ拭きなどを使いましょう。


液晶ディスプレイ保護カバー・シート

落とさなくてもカバンの中で金属と擦れ合うことで傷が付いてしまいます。
保護シートなら交換が安くて済みます。


レンズプロテクター

レンズ保護フィルターと呼ばれたりもします。
交換レンズの前玉を傷つけてしまうと高額な修理代がかかるのでプロテクターを付けておきましょう。


ブロアー

レンズを清掃する際、まずこのブロアーの空気圧でゴミを吹き飛ばしてからクリーニングクロスで拭き上げます。
これを怠ると、クリーニングクロスでゴミを引きずることになり傷をつける要因となります。


↑かなりオススメ!他の500〜1000円くらいの同じ大きさのブロアーとはパワーが違います。
ノズル先端の切り替えによる圧縮空気を吹き付けてゴミを一気に弾き飛ばします。

ドライボックス

レンズやカメラ本体を湿気やホコリから守るために必要です。
特にレンズ内にカビが生えてしまうと・・・お終いです。
カメラ専用のドライボックスは割高なので、食品保存用のゴムパッキンが入っているものがオススメ!こちらが安いです。

【防湿庫やドライボックス選びの参考記事】

「防湿庫を買ってみようか。ホコリや湿気からカメラやレンズを守る!」
http://dslrs-journal.info/?p=2167


↓参考になりましたか?

follow us in feedly

ライブブックマークはコチラから!

ー 関連アイテム ー

2010年10月に初めての一眼レフを買ってから、もっぱら写真の日々。 四季折々、季節ものを撮りに行ったり、スタジオで撮影したり。 何が好きって、今はカメラで写真を撮ってることが好き。 これが好きって被写体は特にないけど、興味が湧けば納得いくまで突き詰めます! ってそんな自分の撮影の記録。 どんどん上達するぜーーー!

人気記事ランキング

Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes